30代、米国株でリタイア生活

米国株投資始めました。配当金で早期リタイア生活を目指す、30代です。もうすぐ40歳を迎えますが。

米国株のポートフォリオ(5/22)、VYMランクアップ

先日、グーグルとVYMを買い増ししたので、ポートフォリオを整理しました。

ポートフォリオ上位銘柄(5/22)

VYMが若干ですが、アマゾン株の保有率を上回りました。
徐々に配当有りの個別株もしくは、ETFの割合を増やそうと思っています。

シンボル 名称 保有割合
GOOGL Alphabet Inc-Cl A 24.0%
VYM Vanguard High Dividend Yield ETF 11.4%
AMZN Amazon.Com Inc 11.3%
VIG Vanguard Dividend Appreciation ETF 7.4%
TSLA Tesla Inc. 5.9%
VNM VanEck Vectors Vietnam ETF 5.2%
PG The Procter & Gamble Company 3.8%
PEP Pepsico Inc 3.7%
IBM Intl Business Machines Corp 3.4%
NFLX Netflix Inc 2.8%
UL Unilever plc ADR 2.4%
LC Lending Club Corp 2.3%
FB Facebook Inc-A 2.2%
GE General Electric Co 2.1%
BA The Boeing Company 1.9%
TDG Transdigm Group Inc 1.9%

 

カテゴリ別の値上がり率

配当無の個別株、配当有の個別株、米国ETF、インド・ベトナムETFの4つのカテゴリの株、ETFを保有していますが、それぞれのカテゴリ別の保有分の値上がり率を比較してみました。

米国ETFは、VYMとVIGです。
インド・ベトナムETFは、VNM(ヴァンエック・ベクトル・ベトナムETF)とEPI(ウィズダムツリーインド株収益ファンド)です。
EPIは保有上位銘柄に入ってませんが、1.5%の割合で保有しています。 

カテゴリ 値上がり率
配当無の個別株 24.53%
配当有の個別株 0.79%
米国ETF 3.92%
インド・ベトナムETF 4.00%

購入した時期が良かっただけかもしれませんが、こうやって比較してみると、やっぱり値上がり期待の、配当無株の購入も続けたくなりますね。