30代、米国株でリタイア生活

米国株投資始めました。配当金で早期リタイア生活を目指す、30代です。もうすぐ40歳を迎えますが。

外貨預金は恐ろしい?高金利、南アフリカランド編

投資をいろいろ調べていると、すぐに、外貨預金なるものにあたります。

そして目を引くのが、高金利の宣伝文句。
金利の高い外貨で貯金しておけば、そこそこの収入になるんじゃないかと、淡い期待が膨らみます。 

じゃあ実際に外貨預金を始めてみようかと、もう少し詳しく調べてみると、外貨預金とFXのどちらがお得か?という情報にあたります。

FX?FXは短期売買で稼ぐというイメージしかありません。少なくとも預金、貯蓄のイメージはありませんでした。

 

でも比較情報を見ていると、外貨預金よりも為替手数料(スプレッド)が安く、FXでもスワップポイントとして、日々、金利相当を受けとれるので、貯蓄のような運用も可能とのこと。
見れば見るほどFXのほうが良いことずくめに見えます。そう見えるのはFXの口座開設に導くためなのか?いやいや、FXのほうがお得だろう。うーん。。。と悩みましたが、

 

まぁとりあえず、やってみてから考えようということで、"FXで預金"も始めてみました。そして選んだのは、高金利、アフリカランドです。

FXと外貨預金の比較については、他サイトにお任せして、現在の状況だけ紹介します。

 

2015年11月に、200,000通貨を購入しています。

・平均購入レートは、8.603円です。

・現在の評価レートは、8.384円です。

 評価損益を計算すると、

  200,000x8.603円=1,720,600円

  200,000x8.384円=1,676,800円

  1,720,600円 - 1,676,800円 = 43,800円

 ということで、43,800円のマイナスです。


しかし、ここで登場するのがスワップポイントです。
金利相当である累計スワップポイントが、132,100円発生しています。さすがに高金利。
評価損益とスワップポイントを通算すると、現在、約9万円ほどのプラスになっています。

 

おっ、良いじゃないかと思うのですが、2015年11月からの保有期間中、評価レートが6.2円台になることもありました。
その時は評価損益で、45万円を超えるマイナイスになっていました。

 

預金と呼ぶには、かなりの高リスクですね。まぁ、南アフリカランドを選んだからなのですが。。。
もう少し、売らずに様子を見守る予定です。