30代、米国株でリタイア生活

米国株投資始めました。配当金で早期リタイア生活を目指す、30代です。もうすぐ40歳を迎えますが。

会社を辞めたい、仕事を辞めたい、普通とは?

たまにはセミリタイアについてのことも書いてみます。

今、会社を辞めたい(仕事を辞めたい)と思っている人は、たくさんいると思います。
私もその内の一人です。

会社や仕事を辞めたいからといって、仕事をサボったり、手を抜いたりしているわけではありません。
どちらかというと、一生懸命に仕事をしてきました。
会社の仕事を通して、喜びを感じることもありますし、それなりに評価もしてもらっています。

それでも、自分がやりたくない、無意味だと思うことに対し、一生懸命になれなくなってきています。

 

日本の就労人口に占める勤め人(お給料をもらって働く人)の割合は、どんどん増えています。
何でもそうですが、数が増えれば増えるほど、それが普通と考えられるようになります。

自分の好きなことをして生きていきたいと思っても、普通から外れることに恐怖を覚えます。
「普通であることが良いことだ」という価値観の中で育ってきたからかもしれません。

 

でも、そもそも普通なんてものは、存在するんでしょうか。
自分の中で、「普通なら、あーする」、「普通なら、こーする」、「普通の人は、こうだ!」みたいなものを作り上げて、それに無理やり自分を合わそうとして、疲れているだけかもしれません。

少し前の時代では、会社員が最大多数ではなかったでしょうし、この先の時代、会社員はどんどん減るかもしれません。
だから会社を辞めるのが怖い(普通から外れるのが怖い)というのは、間違っているかもしれません。

 

まぁまだまだ、悩みはつきませんが、
会社を辞めるにしろ、辞めないにしろ、限りある人生の時間ですので、仕事にしろ、遊びにしろ、普通なんてものに縛られず、心自由に過ごしたいものです。

 

会社を辞めたい理由も、辞められない理由も、人それぞれあると思います。
誰かに相談しても、「辞めてもなんとかなるんじゃない」と言う人もいれば、「なんとかなるわけないだろう」と言う人もいます。
やっぱり最後に結論をだすのは自分です。

どちらの結論になるにせよ、まずは自分を褒めましょう。
悩むだけでもしんどいですからね。悩んで考えた、自分を褒めてあげましょう。


---------------------

退職をしたら、収入の問題に直面するのも事実です。
副業と胸を張って言えるものもなく、今のところ私には、給与所得以外には投資での収入しかありませんので、もう少し投資で安定収入を得ることができるよう、頑張ります。