30代、米国株でリタイア生活

米国株投資始めました。配当金で早期リタイア生活を目指す、30代です。もうすぐ40歳を迎えますが。

証券会社選び(日本株)

先日の記事で、日本株の投資を始めた際に、最初に選んだ証券会社は、松井証券だと紹介しましたが、 

beikabu.hatenablog.jp

 今は日本株の取引のメインは、GMOクリック証券を使っています。

 理由は、やはり売買手数料の安さです。


GMOクリック証券証券:1約定ごとプランの手数料]

約定代金 手数料(税込)
〜10万円 95円
〜20万円 105円
〜50万円 260円
〜100万円 470円
〜150万円 570円

 

次に、スマホアプリが使いやすいのも、GMO証券をメインにしている理由です。

iPhon用の「iClick株」、Android用の「株roid」のどちらも使いましたが、スムーズに取引ができ、必要な情報にも最小限の操作でたどり着けます。
(今は「株roid」を使っています)
松井証券の「株touch」も使いやすいですが、「iClick株」、「株roid」も秀逸です。

 

最後に、株主優待のキャッシュバックも大きいです。

GMOインターネット(9449)株を保有していると、GMOクリック証券での売買手数料が、5,000円を上限にキャッシュバックされます。

単純に売買手数料だけを比較すると、GMOクリック証券より手数料が安い証券会社がいくつかありますが、この株主優待でのキャッシュバック額を加味して比較すると、断然、GMOクリック証券での手数料が安くなります。

GMOインターネット株に興味がある方は、GMOクリック証券での口座開設も検討する価値があると思いますよ。

ちなみに私は、GMOクリック証券で口座開設してから、保有数の増減はありますが、GMOインターネット株を持ち続けています。

まぁでも結論としては、前回と同じく、まずは始めてみるということが重要ですね。