30代、米国株でリタイア生活

米国株投資始めました。配当金で早期リタイア生活を目指す、30代です。もうすぐ40歳を迎えますが。

VYMとVIG:米国ETFの購入

個別株だけでなく、ETFも購入しています。
ETFの魅力はやっぱり、信託報酬の低さでしょう。
年率0.10%以下のものもありますよ。

信託報酬が低い投資信託の「iFree NYダウ・インデックス」でも、年率0.24%程度なので、やっぱりETFのほうが安いですね。

トータルコストは購入、売却の手数料も踏まえて比較する必要がありますが、長期運用するのであれば、信託報酬の安さはやっぱりメリットになると思います。

ETFの購入銘柄はいくつか迷ったのですが、
最終候補を以下の2つに絞りました。

バンガード米国増配株式ETF(VIG)
バンガード米国高配当株式ETF(VYM)

安定性重視でVIGにするか、やっぱり配当もそれなりに欲しいのでVYMにするか・・・
最後まで悩んだあげく、

どっちも買うことにしました!

今のところの評価損益はこんな感じです('17/4/24現在)

シンボル 名称 評価損益
VIG Vanguard Dividend Appreciation ETF
バンガード・米国増配株式ETF
+5.485%
VYM Vanguard High Dividend Yield ETF
バンガード・米国高配当株式ETF
+3.007%

 

フランス大統領選が落ち着いて、じわじわ上がるといいですね。